子どもの近視進行予防から遠近両用コンタクトレンズまで

こぎし眼科クリニック

マイオピン®について

どうすれば近視の進行を抑制できるか?

 

近視が進む原因の多くは眼の奥行き(眼軸長)が主に思春期に伸びることです。近視の進行を抑制するには眼軸長が伸びるのを予防すればよいことになります。

アトロピン点眼液は近視の進行を抑制する

眼軸長が伸びるのを抑制する薬物として、アトロピン点眼が以前より知られていますが、様々な副作用により実用化はされませんでした。最近の研究では低濃度(0.01%)アトロピンが少ない副作用で近視の進行を60%抑制することが明らかになり、海外ではすでにマイオピン®という商品名で製品化されています。

低濃度アトロピン点眼薬

マイオピンの特徴

作用と副作用

マイオピン®は近視進行の視覚制御を司る神経伝達系を遮断することによって近視の進行を抑制すると考えられています。マイオピン®の副作用は瞳がやや大きくなり、近くが見づらくなることです。日本での研究結果では実際上問題にならない程度でしたが、副作用を回避するため点眼は夜寝る前にします。

治療は自費診療です。

マイオピン®は2018年現在、健康保険の適応外です。治療は自費診療となります。

治療の適応

マイオピン®による治療の対象は6歳からおおむね12歳まで、近視の度数はマイナス6D(ジオプター:近視や遠視の単位)までです。12歳以上の方はご相談ください。

治療の費用とスケジュール

治療期間は2年間です。初回は1ヶ月分お薬をお渡しします。1ヶ月分の点眼液は3,000円(税込み、以下同様)です。問題なければその次からは4カ月分ずつお薬をお渡しします。4カ月分の点眼液は10,000円です。診察は1年毎に行います。診療代金は4,000円です。2年後に治療を継続するかどうかは相談の上決定します。

お問い合わせ

治療をご希望の方は電話でご予約の上ご来院下さい。

Tel:0742-53-3331

診療時間・問診表はこちら