子どもの近視進行予防から遠近両用コンタクトレンズまで

こぎし眼科クリニック

緑内障

緑内障とは?

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

40歳以上の20人に一人は緑内障にかかっているという報告があります。

緑内障とは?

緑内障の原因

緑内障は眼圧の上昇がその病因の一つと考えられていますので、眼圧を下げることによって緑内障の進行を予防ないし遅らせることができます。

ただし、視野障害の進行は通常、とてもゆっくりなので知らない間に緑内障が重症化することもあります。緑内障は成人の中途失明原因の第一位です。

初期の段階では自覚症状のない緑内障の治療で大切なのは早期発見、早期治療です。緑内障のリスクの高い40歳以上の方、強度近視の方、検診で「視神経乳頭陥凹拡大(視神経が減っている疑い)」と指摘された方は眼科で検査を受ける必要があります。

一度障害された視神経をもとにもどす方法は今のところありません。病気の進行をくい止めることが目標となります。したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

緑内障の原因

緑内障についてより詳しくお知りになりたい方はこちらをごらんください。

サプリメント

当院では、サプリメント「グラジェノックス」を取り扱っております。

グラジェノックス
診療時間・問診表はこちら