子どもの近視進行予防から遠近両用コンタクトレンズまで

こぎし眼科クリニック

コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズは高度管理医療機器

高度管理医療機器とは、副作用・機能障害が生じた場合に、人の生命や健康に重大な影響を与える可能性があり、適切な管理が必要として厚生労働大臣に指定されている医療機器のことで、コンタクトレンズは人工骨や眼内レンズなどと同じ扱いになっております。

コンタクトレンズは目の表面に接触しています。使い方のルールをしっかり守らなければ、深刻な眼障害などのトラブルを引き起こしかねません。そのため、コンタクトレンズの使用にあたっては眼科専門医による適切な管理が必要です。

当院では常勤の眼科専門医による診察、スタッフによる正しい使用方法の説明やつけはずしの指導の徹底などにより快適かつ安全にコンタクトレンズをお使いいただけます。

目の検査でわかること

コンタクト処方の流れ

コンタクトレンズが初めての方も、経験者の方も、お気軽にご相談下さい。

ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ、それぞれメリットとデメリットがあります。ひとりひとりのニーズに合わせた最適のレンズを処方いたします。

乱視用レンズ、遠近両用レンズも積極的に処方しており、いずれのレンズも日本では諸外国に比べて普及率が低いのですが、正しく処方されれば快適な見え方が期待できます。

ソフトコンタクト処方

初めての方(最終受付 AM10:30/ PM17:30)

※コンタクトが全くの初めての方で、眼鏡をお持ちでない方はまず眼鏡の処方を先に行い、 後日コンタクトの処方を行います。既に眼鏡をお持ちの方は必ずお持ちください。

初回受診
  • 検査
  • 診察
  • トライアルレンズ装用
  • コンタクト視力
  • 装脱練習(30分)
  • 診察
  • トライアルを数日分お渡し

※ご自身で30分以内に着け外しが出来ない場合は、後日改めて練習に来ていただきます。

日常生活にて、見え方、装用感、乾き等を確認していただき問題なければ次回診察の予約をします。

2回目受診
  • コンタクト視力
  • 診察
  • 1カ月分処方箋 又は商品お渡し
1カ月検診

※見え方にお変わりなければ発注のお電話・診察予約をお願いします。

  • コンタクト視力
  • 診察
  • 3カ月分処方箋 又は商品お渡し

※2週間タイプへ変更の方は予めお伝え下さい。

以降は3カ月毎の検診

調子が良くても検査は必ず受けてください

経験者の方(最終受付 AM11:00/ PM18:00)

但し、初めて遠近両用レンズをお考えの方の最終受付はAM10:30/PM17:30です。

初回受診
  • 検査
  • 診察
  • トライアルレンズ装用
  • コンタクト視力
  • 診察
  • 商品をお渡し 又は処方箋お渡し
    トライアルレンズお試し

※日常生活にて見え方を確認していただき問題なければ発注のお電話、又処方箋の場合は診察後お渡しします。

目の検査でわかること

ハードコンタクト処方

※コンタクトが全くの初めての方で、眼鏡をお持ちでない方はまず眼鏡の処方を先に行い、 後日コンタクトの処方を行います。既に眼鏡をお持ちの方は必ずお持ちください。

初回受診(最終受付 AM10:30/ PM17:30)

  • 検査
  • 診察
  • トライアルレンズ装用
  • コンタクト視力
  • 診察
  • レンズ発注 ※経験者の方は処方箋発行可

2回目受診(最終受付 AM10:30/ PM17:30)

  • コンタクト視力
  • 診察
  • 取り扱い説明、装脱練習
    (初めての方)

※レンズ度数によっては、取り寄せに日数を要する場合がございます。
※度数の強い方、遠近両用の方はレンズ装用後に度数の微調整を行います。

診療時間・問診表はこちら